読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

AWS CLIで CloudFormationを操作する

CloudFormationのドキュメントで、コマンドラインのところでもすでに(2013.10.18現在) AWS CLIを使うようになっている。

こっちでは、"The prior AWS CloudFormation CLI tools are still available, but not recommended. "と書いてある 

※敢えて古い api toolsを使い始めるならこちら( CloudFormaion apitoolsをAmazon Linuxで使う)を参照。

 

AWS CLIのセットアップ

Amazon Linuxならデフォルトで入っていてPATHも通っているので、credential 関係だけ設定する。

$ vi ~/.awscredential
$ cat ~/.awscredential
AWSAccessKeyId=<<your AWS access ID>>
AWSSecretKey=<<your AWS secret key>>
$ vi ~/.bashrc
$ cat ~/.bashrc
export AWS_CREDENTIAL_FILE=~/.awcredential
$ source ~/.bashrc
動作確認

スタック一覧

$ aws cloudformation list-stacks --region ap-northeast-1

スタック作成(S3にあるテンプレートの場合)

$ aws cloudformation create-stack--region ap-northeast-1 \
            --stack-name test \
            --template-url http://s3.amazonaws.com/sample/test.template \
            --parameters ParameterKey=Param1,ParameterValue=value1 

スタック作成(ローカルのテンプレートの場合)

$ aws cloudformation create-stack--region ap-northeast-1 \
            --stack-name test \
            --template-body file:////home/ec2-user/test.template \
            --parameters ParameterKey=Param1,ParameterValue=value1 

スタック詳細

$ aws cloudformation describe-stacks --region ap-northeast-1 \
            --stack-name test

テンプレートのチェック

$ aws cloudformation validate-template --region ap-northeast-1 \
            --template-body file:////home/ec2-user/test.template
コマンドリファレンス

http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/cloudformation/index.html