読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

EBS: Provisioned IOPSの性能・ベンチマーク

そのものずばりのページが、EC2のドキュメントにあるので、メモ。

Increasing EBS Performance - Amazon Elastic Compute Cloud

性能を出すには

  • RAID0かRAID1+0 (RAID10) でストライピング
  • 平均キューレングスをチェック
  • EBSボリューム利用前にプリロード(※)しておく
  • EBS-Optimized インスタンスを使う

とか。

プリロード

$ dd if=/dev/sdf of=/dev/null

をやっておく。(と上記URLにも書いてある)

ベンチマーク

PIOPSは、ブロックサイズ16KBなので  fioをかけるときも --bs=16kをつけている

fio --directory=/media/p_iops_vol0 
--name fio_test_file --direct=1 --rw=randwrite --bs=16k --size=1G 
--numjobs=16 --time_based --runtime=180 --group_reporting 

4KBとか8KBのベンチのときは、指定したIOPSとはかけ離れた値が出る場合があるので、適宜、脳内補正が必要となる。