読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

EC2: スケジュールイベントでリタイア通知

EC2インスタンスを使っていると、稀に、EC2インスタンスを動かしている物理マシンのメンテンナンスが必要になる場合に遭遇する。メンテナンスイベントには何種類かあり、Instance reboot、System reboot、 Instance retirement などがある。詳しくはマニュアルを参照のこと。

Monitoring Events for Your Instances - Amazon Elastic Compute Cloud

AWSブログにも説明がある。

【AWS発表】 EC2インスタンスのステータスモニタリング - Amazon Web Services ブログ

イベントに該当した場合は、通知のメールで「何月何日の何時頃にシャットダウンするよ」と言われるので、それまでにインスタンスを stop & start するとよい。

Stopping and Starting Instances - Amazon Elastic Compute Cloud

通知のメールはこんなかんじ

Subject: Amazon EC2 Instance scheduled for retirement [AWS Account: 123456789ABC]
From: Amazon EC2 Notification 

Dear Amazon EC2 Customer,

One or more of your Amazon EC2 instances in the ap-northeast-1 region is scheduled for retirement. The following instance(s) will be shut down after 12:00 AM UTC on 2012-08-28.

  i-xxxxxx

We recommend that you launch a replacement for each retiring instance and begin migrating to it. You can do this by stopping and re-starting your instance, or by terminating it and launching a new one in its place.

マネジメントコンソール上はこんな感じで時計のマークが一覧に表示され、Scheduled Event の項目にも表示される。

 

f:id:understeer:20120827104807p:plain

Eventの項目にも、Scheduled Event対象のインスタンスが表示され、その期限などが表示される。

f:id:understeer:20120827104818p:plain

 

ec2-describe-instance-status のコマンド or APIでも取得可能なので、外部の監視ツールと組み合わせて定期的に監視しておき、retiringになったら通知する仕組みを用意しておくのも良い。