読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

Spot Fleetで複数AZ指定ができるようになった

ので、メモ。

Spot fleet launches Spot instances in the lowest priced Availability Zone

本日(2015年7月24日)からSpotフリートの機能にて、spot fleet launch specificationで指定した複数VPCサブネットもしくはAZの中で最も安いAZにSpotインスタンスを起動するようになりました。以前は、複数サブネットの中で最安値のサブネットに起動したい場合には、自分自身で最安値のAZを決定し、Spotフリートリクエストを実行する必要がありました

ということで、spot fleet launch specificationの記載方法の自由度が増しました。

設定例(spot.json)

ここでは、 C3.8xlargeCC2.8xlargeを、subnet-aaaaaa (AZ-a)か subnet-bbbbbb(AZ-b)の組み合わせ4パターンのうち、最安値のパターンで、10台、$0.50で入札する、といった例。

{
    "SpotPrice": "0.50",
    "TargetCapacity": 10,
    "IamFleetRole": "arn:aws:iam::111111111111:role/SpotFleet",
    "LaunchSpecifications": [
       {
           "ImageId": "ami-xxxxxxx",
           "InstanceType": "cc2.8xlarge",
           "SubnetId": "subnet-aaaaaaaa"
       },
       {
           "ImageId": "ami-xxxxxxx",
           "InstanceType": "cc2.8xlarge",
           "SubnetId": "subnet-bbbbbbbb"
       },
       {
           "ImageId": "ami-xxxxxxx",
           "InstanceType": "c3.8xlarge",
           "SubnetId": "subnet-aaaaaaaa"
       },
       {
           "ImageId": "ami-xxxxxxx",
            "InstanceType": "c3.8xlarge",
           "SubnetId": "subnet-bbbbbbbb"
       }
    ]
}

実行

aws ec2 request-spot-fleet --region ap-northeast-1 \

  --spot-fleet-request-config file://spot.json

 Request時点で最安値のゾーン・タイプが10台 spot requestとして入札される。