読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

EMRがHIPAA対応

HIPAAとは?という方はこちらを参照。

HIPAA と AWS - アマゾン ウェブ サービスでのヘルスケア | アマゾン ウェブ サービス(AWS 日本語)

 

2015年7月29日に、HIPAA on AWSホワイトペーパーが更新された。

Updated HIPAA Whitepaper Now Available - AWS Security Blog

HIPAA Compliancy on AWS: Amazon DynamoDB, Amazon RDS, and Amazon EMR Now Covered Under the AWS Business Associate Agreement | AWS Partner Network (APN) Blog

ハイライトは、2点。

今までHIPAA対応サービスは EC2, S3, Glacier, Redshiftだったのが、RDS(MySQL, Oracle)、DynamoDB, EMRに対応したこと。

KMSで PHI(Personal Health Information)の暗号化する方法がホワイトペーパーに記載されていること。

Using AWS KMS for Encryption of PHI

Master keys in AWS KMS can be used to encrypt/decrypt data encryption keys used to encrypt PHI in customer applications or in AWS services that are integrated with AWS KMS. AWS KMS can be used in conjunction with a HIPAA account, but PHI may only be processed, stored, or transmitted in HIPAA-eligible services. KMS does not need to be a HIPAA-eligible service so long as it is used to generate and manage keys for applications running in other HIPAA-eligible services. For example, an application processing PHI in Amazon EC2 could use the GenerateDataKey API call to generate data encryption keys for encrypting and decrypting PHI in the application. The data encryption keys would be protected by customer master keys stored in AWS KMS, creating a highly auditable key hierarchy as API calls to AWS KMS are logged in AWS CloudTrail.

 HIPAAに抵触するような医療情報を保存し、EMRで解析などを行う場合のコンプライアンスのハードルが少し下がることになる。