読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

RHEL6.7 AMIがデフォルトでSR-IOV対応した

RHEL6.7 AMIが公開されました。

RHEL6.7のリリースノートはこちら↓

access.redhat.com

 

Amazon Linuxと同じようにSR-IOVがデフォルトでOnとなっていて、 SR-IOV対応インスタンスタイプ(C4/C3/D2/I2/M4/R3)だと、何も気にせずに拡張ネットワーキングが使えます。

東京リージョンだと RHEL6.7 AMIは ami-78379d78 なので、確認してみると

$ aws ec2 describe-images --region ap-northeast-1 --image-id ami-78379d78 | jq '.Images[]|{Name, ImageId,VirtualizationType,SriovNetSupport}'
{
"SriovNetSupport": "simple",
"VirtualizationType": "hvm",
"ImageId": "ami-78379d78",
"Name": "RHEL-6.7_HVM_GA-20150714-x86_64-1-Hourly2-GP2"
}

と、最初からAMIで SriovNetSupportが有効になっています。

起動したインスタンスにログインして確認。

$ curl http://169.254.169.254/latest/meta-data/instance-type

c4.large

$ cat /etc/redhat-release

Red Hat Enterprise Linux Server release 6.7 (Santiago)

 

$ uname -a

Linux ip-10-0-1-6.ap-northeast-1.compute.internal 2.6.32-573.el6.x86_64 #1 SMP Wed Jul 1 18:23:37 EDT 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

 

$ ethtool -i eth0

driver: ixgbevf

version: 2.12.1-k

firmware-version:

bus-info: 0000:00:03.0

supports-statistics: yes

supports-test: yes

supports-eeprom-access: no

supports-register-dump: yes

supports-priv-flags: no

 これでカジュアルに使えますね。

RHEL-6.7_HVM_GA-20150714-x86_64-1-Hourly2-GP2 のAMIはこちらのリンクから起動できます。

・Virginia : ami-0d28fe66

・Oregon: ami-75f3f145

・Tokyo: ami-78379d78