読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

RDS: Oracle RDSのOEM等

Oracle RDSで、OEM( Oracle Enterprise Manager 11g Database Control )が使えるようになった。

Amazon RDS for Oracle DatabaseでOracle Enterprise Manager (OEM) を利用可能に! - Amazon Web Services ブログ

OEMの機能については、こちらのPDFの"DC"の項目を。

Oracle Enterprise Manager: 各ライセンスの主な機能と使用するツール

http://www.oracle.com/jp/store/oemlicense-function-tool-170294-ja.pdf (PDF)

 

Oracle RDSでよく聞かれそうな事をメモ。

  • SE ONE/SE/EEでは、基本管理機能が利用可能。
  • EE + Optionでその他機能が使えるようになる。
  • RDSはRAMが使えない。RDSのSnapshot機能を使うように。
  • RDSでDB Linkは使える。 RDS Data Import Guideを参照のこと。
  • SE ONE以外は、BYOLでライセンス持ち込みのみ。SE ONEは、BYOLと時間課金が選択可能。

BYOLで持ち込めるものについては、RDSのFAQ参照のこと。

  • Partitioning
  • Management Packs( Diagnostic, Tuning)
  • Advanced Compression
  • Total Recall