読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

訳 : MongoDBのバックアップ戦略

10gen - MongoDB Presentations - Backup Strategies: Keeping Your Data Safe

一般的にMongoDBで使われるバックアップツールや機能としては

  • mongodumpでダンプ
  • mongoexport でエクポート
  • バイナリデータファイル
  • 冗長化(Replica sets)
  • Oplog

あたり、と。

mongodumpはダウンタイムゼロだが一貫性はない。レストアは時間がかかる。

Replicaは、冗長化にもなり、自動フェイルオーバーもするので良いしmongodumpも使える。ただし、ノード追加時のデータ同期がデータサイズに比例して時間が掛かるし、Indexのリビルドには大量のRAMが必要。(oom killerで落ちる。。。)事前のテストが必要。また、Slave Delayで、あるノードのReplicaを数秒遅延させることでオペミスから守ることも。

Mongodumpの替わりに、スナップショットを使う。インデックスの再構築が不要。

 

===