読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

EC2: cc2.8xlargeのリザーブドインスタンスを比較してみた

特にどうってこと無いんですが。1年モノのcc2.8xlargeのRI(Reserved Instance)の利用度合いと費用についてグラフ化。

http://aws.amazon.com/jp/ec2/pricing/

f:id:understeer:20120502203338p:plain

縦軸はドル。横軸は累積の利用時間割合。1年(24h x 365d)で100%の計算。

つまり、1年のうち10数%しか使わない(月平均で3日とか)だと、オンデマンドがお得。

20%~80%くらいの利用率(月平均で5日~25日使う、もしくは ぶっ続けで2ヶ月以上使う)だとlightがお得。

80%以上使う(ほぼ24x365で使うイメージ)だと、heavyがお得、となる。

(mediumのスイートスポットが殆ど無いのは内緒だ)

いずれにせよ、RIを買っておくとAWSのキャパシティが不足してインスタンスを起動できない(Insufficient Capacity Errors , ICE)に遭遇しなくなるので、なるべく買っておいたほうがよさそう。

 

最低限必要な台数分のRIを買っておいて、一時的に台数を増やしたい時は スポットインスタンスを使ってコストを下げるとか工夫している企業が多い。スポットを使ってEMR(Hadoopクラスタ)のコストを下げる説明のビデオはこちら。