読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

AWS: プロキシ経由でCLIコマンド実行

プロキシ経由で、Amazon EC2 API Tools  (CLI)を実行したい場合、環境変数にプロキシの情報を設定する必要がある。

通常、API Toolsの初期設定で、環境変数には以下の5つを設定する。(ここ参照)
Unix/Linuxの場合

export EC2_HOME=/path/to/tools
export PATH=$PATH:$EC2_HOME/bin
export EC2_PRIVATE_KEY=/path/to/pk-xxx.pem
export EC2_CERT=/path/to/cert-xxxx.pem
export EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com

Windowsの場合

set EC2_HOME=C:\path\to\tools
set PATH=$PATH:$EC2_HOME\bin
set EC2_PRIVATE_KEY=C:\path\to\pk-xxx.pem
set EC2_CERT=C:\path\to\cert-xxxx.pem
set EC2_URL=https://ec2.ap-northeast-1.amazonaws.com

上記に加えて、プロキシの情報を、JVMに渡す専用の環境変数EC2_JVM_ARGSに設定する。

たとえば、プロキシサーバのURLが

http://192.168.99.200:8000/
https://192.168.99.200:8000/

とすると、Linux/Unixの場合

export EC2_JVM_ARGS=-Dhttp.proxySet=true -Dhttps.proxySet=true -Dhttp.proxyHost=192.168.99.200 -Dhttp.proxyPort=8000 -Dhttps.proxyHost=192.168.99.200 -Dhttps.proxyPort=2000

Windowsの場合

set EC2_JVM_ARGS=-Dhttp.proxySet=true -Dhttps.proxySet=true -Dhttp.proxyHost=192.168.99.200 -Dhttp.proxyPort=8000 -Dhttps.proxyHost=192.168.99.200 -Dhttps.proxyPort=8000

を設定する。