読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aws memo

AWS関連の備忘録 (※本ブログの内容は個人的見解であり、所属組織及び企業の意見を代弁するものではありません。1年以上古いエントリは疑ってかかってください)

訳:Storage Gatewayの、各Volume の Statusについて

 

http://docs.amazonwebservices.com/storagegateway/latest/userguide/StorageVolumeStatuses.html

StatusDescription

AVAILABLE

正常状態

BOOTSTRAPPING

既存データがあるボリュームを選択(Preserve existing data) した際にブートしているステータス。この状態では、ゲートウェイは既存データをすべてAWSにアップロード中の状態となる。また、PASS THROUGH状態になった後にworking storageを追加した場合にもこの状態が発生する。working storageを追加するのはworking storageの利用率を増やす方法の一つである。 ブート処理中は、ボリュームが PASS_THROUGHからBOOTSTRAPPINGに変わり、その後AVAILABLEに変わる。ブート期間中もボリュームを使い続けられるが、スナップショットは取得できない。

CREATING

ボリュームを作成中の状態。

DELETING

ボリュームを削除中の状態。

IRRECOVERABLE

ボリュームが復旧できない障害になっている状態。

PASS THROUGH

working storageの利用率がフルで、ボリュームに書きこまれるデータをこれ以上working storageが受け付けられない状態。もしくは、gatewayが障害から回復中の状態。この状態では、アプリケーション(iSCSIイニシエータ)はstorage volumeに読み書き可能だが、gatewayはworking storageにデータを書いておらず、 AWSへもアップロードしていない。しかし、 gatewayはPASS THROUGH状態に陥る前に,このvolumeに書きこまれたデータをアップロードし続ける。

PASS THROUGH状態の間、このボリュームのスナップショットは失敗する。PASS THROUGH状態から回復するには、十分な容量のworking storageを確保するためにworking storageのmetrics( Cloud Watch)を確認する必要がある。 (see Gateway Metrics. もしくは、working storageを追加する必要がある。(see Configuring Working Storage in AWS Storage Gateway).

RESTORING

既存のスナップショットから復元中の状態。(create new volumeでexisting snapshotを指定した場合になる)

WORKING STORAGE NOT CONFIGURED

working storageが設定されていないため、ボリュームが使用できない状態。 working storageを追加するには、こちらを参照のこと。 Configuring Working Storage in AWS Storage Gateway.

状態遷移図